パソコンの処分

古くなって使っていないパソコンどうする

古くなって使わなくなったパソコンの不用品回収でお困りの方もいるのではないでしょうか。特にOSのサポートが終わってしまい新しいパソコンに買いかえたにもかかわらず、古いパソコンの処分をためらっているというという話もちらほら聞きます。不用品回収といってもパソコンの場合、個人情報や様々なデータが詰まっているためすぐに破棄するのには誰もが不安を抱くことでしょう。パソコンのデータはHDD(ハードディスクドライブ)に記憶されています。まずはHDDから情報を削除します。パソコンがまだ動く場合は、HD(ハードディスク)の初期化をします。また、もうパソコンが故障などで動かない場合は、パソコンを分解して中のHDをハンマーを使って破壊します。こうすることで、個人情報などのデータは誰にも見られることが無くなり安心です。この破棄する作業を不用品回収業者がやってくれる場合もあるので依頼してみてはいかがでしょうか。

その他パソコンの不用品回収について

その他、様々な状況に応じて不用品回収があるので紹介していきましょう。まだパソコンが問題なく動く場合は、中古パソコンとして買い取ってもらえる可能性があります。この場合は、HD壊す事なく初期化だけ行いましょう。中古パソコンの販売店やオークションなどで買い取ってもらえます。パソコンの付属品や取り扱い説明書があれば必ず付けて販売しましょう。買取価格の値段がかわってくる場合があります。他に、各メーカーを利用してリサイクルするという処分の方法もあります。PCリサイクルマークが貼ってある家庭用パソコンならリサイクルが可能です。各自で郵便局から各メーカー宛に郵送します。郵便局まで持っていくのが面倒という方には不用品回収業者に回収に来てもらう、というのが良いでしょう。また、パソコン販売店に持ち込むことで、目の前でHDを破壊するサービスをしている販売店もあるということです。いずれにしても、個人情報が満載のパソコンなので不用品回収業者は慎重に良く調べてから選びたいものです。